マラソンと贅肉 ~ 欧米の人たちの贅肉に思うこと

どうも~!
本日もご訪問ありがとうございます。
皆さんからのコメント、「いいね!」、ポチなど、とても励みになっています!

 

私が数年前に人生初のハーフマラソン@ロサンゼルスに出たときのことです。

ハーフマラソンを走る

 

結果から言うと2時間9分と、特に走るのが速いわけではないのですが、やれるだけの走りをしましたよ。

 

でも、納得いかないのが、前に走っている外人さんたち(正確には私が外人なんだけど)、お尻むちむちだし、すごくノロノロ走っているように見えるのに、自分との距離は縮まらないどころか開くばかり。

 

走れるデブ

 

どうして、こんなに必死で走ってるのに追いつけないのよ!
なんであの体形で私より速く走れるのよ!

と、思いながら走っていました。

 

無事完走し、夫が私の頑張りを褒めてくれました。

おかやんブログ

 

撮ってもらった自分の後姿。

 

向き合いたくない事実

 

私・・・驚愕のでか尻。。

 

二度見しちゃう?ほら。

 

おかやんブログ

 

アラフォーになると、贅肉の付く箇所が変わってくるんですかねー。あはははは。
胴回りに注意って!?あはははは。

 

 

自己分析ができていない

 

死にそうになりながらゴールして、なお、疲労が増したよね。

 

(外人さんは、脂肪の中にエネルギーをたんまり蓄えているのだと思う。
だって、みんなすごくエネルギッシュで体力あるもの。
私の脂肪は無駄なお肉よ。)

 

 

いつも、一日一回のポチ、ありがとうございます。
いつも、どなたがポチしてくれたのだろうと思いを馳せています。
これからもよろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村

 

本日もありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です