おかやん改め「おばやん」はこうやって作られる~其の弐

昨日からの続きです。

「其の壱」をご覧になっていない方はそちらを先にご覧ください。
クリックで飛びます。
↓ ↓ ↓ ↓
☆☆☆☆☆

 

さて、ベッドに倒れ込んだグロッキーおかやん(豆知識:英語ではgroggyだよ☆)、

空港近くのホテル泊

 

3時間後の朝4時に起きる。

 

睡眠時間3時間で飛び起きる
(イラストの中の「4半」は「4時」の誤りです。スマソ。)

 

全く寝た気がしないまま子供たちを叩き起こし、ロサンゼルス空港に向かい、前の夜に手配した飛行機に乗る。

 

その便はダラス行き。
日本とは逆方向ですよ。

ダラス便

 

この便しか取れなかったんだから仕方ありません。
ダラス空港でトランジット。
ターミナル移動で空港電車に乗れて子供たちはハイテンション。
おかやん、待ち時間中もちゃくちゃくと「おばやん」へ変貌中。

 

乗り継ぎのためにしばらく待つ

 

そしてようやくダラスから成田行きの飛行機に搭乗。
ここから12時間半か。

 

再び日本へ

 

機内食は、前日に食べた機内食と何から何まで一緒だった。

 

子連れフライトぐずる

 

息子の紙おむつも着替えも底をつき(1日分しか持ってなかったわよ!)、何度もトイレに行かせても冷や冷やだったわよ。
うん〇されたら一巻の終わりだわ!

 

子連れフライト疲れる

 

そして、最初にロサンゼルスを出発してから36時間が経過、計26時間のフライトを経て、ようやく・・

 

日本到着

 

日本に着いた。
遠かった。。

 

こうして、

おばやん

 

おばやんは作られるのでございます。

 

 

二回に渡る記事にお付きあいくださりありがとうございました。

 

あなたのポチでおばやんに潤いが戻るかも?!
お願いいたします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村

“おかやん改め「おばやん」はこうやって作られる~其の弐” への2件の返信

  1. こんにちは。
    私も北関東出身で現在北カリフォルニアに在住です。ブログ、いつも楽しく読んでいます!特にご主人ネタが毎回ツボですっ。

    小さい子供づれはただでさえキツイのに、2人、しかも引き返しの目に遭うなんて!!本当によく乗り越えましたね。「おばやん」、うちの父はいまだによく使っていますよ(笑)・・。その言葉だけで可笑しくて可笑しくて。
    これからも楽しみにしています!

    1. Hanaさん
      ありがとうございます~!いえいえ、ブログを始めてからは、大変な思いもネタにできると思えるようになったので気が楽になりました。そしてHanaさんからのような温かいコメントをいただけると本当うれしい~!うれしくて今はおばやんではありません。ニタニタしているおかやんです。また遊びに来てくださいね。北関東万歳!頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です