英語がぺらぺらだった夢を見た後の有頂天

こんにちは、本日も貴重なお時間を割いて遊びにきてくださりありがとうございます。

私、学生時代にオーストラリアに留学してから3か月ほどたったある日、いつものようにふて寝をしていると、

 夢を英語で見るふて寝していたら

英語がペラペラで、ネイティブの笑いをがんがん取っている夢を見ました。(現実は、いつも笑いに取り残されている。)

目が覚めて、

思いました。

私は、潜在的には英語がネイティブレベルなのだ、と。

憑依する

そんなお気楽な思い違いに浸っていられた数日間は、

日本にいる母と電話で話しても、

母との電話

英語の夢を見ちゃう私アピール。

 

日本の大学の指導教官(交換留学だったので)へ宛てたメールでも、

 指導教官宛のメール

英語の基礎体力が付いたアピール。(そもそも英語の基礎体力ってなんだよ!むかつくわー、当時の私。)

実際の私の英語力を知っている人にはアピれないので、遠くにいる人だけにアピールする。

たった1回見た夢で、有頂天になっていました。

うざし!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です